fc2ブログ
DayDream2
還暦すぎたおじさんのロードバイクポタリングにしようと思ったが、読書や映画日記になった

ジブリの教科書9 耳をすませば

ジブリの中ではややマイナー作品なのでけっこう面白い。
近藤監督がこの公開から3年後に逝去していたのは知らなかった・・。
バロンと空を飛ぶシーンの背景が他のシーンとはちょっと違う雰囲気だった理由がわかった。

1995年公開作品でまだデジタル化がほとんどされていない時代、コンピュータも非力な
時代だったのでちょっとデジタル化するのも大変だったようだ。

巻末に収められた大塚英司「「耳をすませば」解題」が一番、面白い
スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cycleojin.blog.fc2.com/tb.php/60-cfdb5940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)