fc2ブログ
DayDream2
還暦すぎたおじさんのロードバイクポタリングにしようと思ったが、読書や映画日記になった

奥山景布子「真景累ヶ淵」

円朝作の同名落語の書下ろし小説である。
前回、同じ書下ろしシリーズの「牡丹灯籠」がなかなか面白いミステリーだったので
シリーズの最初の作である本作を読んでみた。
円朝の怪談話では最も有名で最初の作品と言われる。もっともこれは怪談ではなく、前半が痴話殺人であり、後半は
実は仇討ちになっているが。
スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cycleojin.blog.fc2.com/tb.php/205-76627e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)