fc2ブログ
DayDream2
還暦すぎたおじさんのロードバイクポタリングにしようと思ったが、読書や映画日記になった

梨木香歩「沼地のある森を抜けて」

なかなか不思議なストーリー。ま、この作者の場合はたいていはそうなのだが。
無性生殖、粘菌、ぬか床のあたりはいいが、途中に少し入っている島で暮らす謎の少年のエピソードは
この物語の何を語るものだったのだろう。
それと最後にヒロインと風野さんはどうなったのか。よくわからなかった。
スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cycleojin.blog.fc2.com/tb.php/148-2d5e713f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)