fc2ブログ
DayDream2
還暦すぎたおじさんのロードバイクポタリングにしようと思ったが、読書や映画日記になった

酒井順子「ユーミンの罪」

デビューアルバムから1991年のドーンパープルまでをアルバムごとに曲の歌詞を中心に時代背景をつづったエッセイ。元の連載が2012年から2013年なのに1991年までで終わっているのは、これ以降は著者がユーミンのアルバムとの接し方が変わったせい、とあとがきで述べている。この部分は自分にも同じような時期、毎年冬のアルバム発売を待ちかねた時期が終わった時期があるので、よくわかる。

ユーミンの罪とは、一言でいえば、女の業を肯定したから。女性としてのいろいろな経験や挫折、欲望、嫉妬をユーミンが肯定したので世の中の女性は自分の生き方を反省せずに前へ進んだことらしい。言い換えればそれは救済でもある。
スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cycleojin.blog.fc2.com/tb.php/110-b950cd42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)